可愛いと言われたいしオシャレだって褒められたいし…

いつまでも好きな格好をしたいなら、日焼けに注意ですね

ファッションを楽しむ上でキレイな肌っていうのはとても重要なポイントになります。

 

ですから、紫外線には十分に気をつけないといけません。
私としては、あまり紫外線について気にしていなかったんですが、最近になって気をつけないとなって思い直すようになりました。
まだ腕とか肩とかには分かりやすいシミなどはできていないのですが、年齢があがっていくことでシミが出てくる可能性はありますよね。
それが怖いなって思うようになったんです。

 

肩や腕などにシミがでてしまうと、どうしてもタンクトップとかキャミソールとか、肌を出す服装ができなくなってしまいますよね。
コンプレックスになってしまうわけですから。
なので、結局は好きな格好ができなくなってしまうわけです。
それって勿体ないじゃないですか?
肌を大事にすることでいつまでも若々しくキレイな肌でいれば、好きな格好がいつまでもできることになるわけです。

 

これってすごく大事なことだと思いますよ。

AだのXだのラインを意識する必要はある?

服を着るときによく雑誌などに載っている、AラインとかXラインなどを気にしている人はどれくらいいるんだろう?
ましてや、それを前提にして服装を決めていたりする人はどれくらいいるんだろう?

 

結局のところ、これを気にするのは体に多くのコンプレックスを抱えている人なのかな?っていうことも考えてみたりする。
極端に細く見せたいとか、上半身を締めて見せたいとか、思っていることでそういう風なラインを特別に意識するようになるんだと思います。

 

私は自分が無難なスタイルだったころはやっぱりラインなんて気にしたことなかったんです。
ありがたいことに特別コンプレックスのないスタイルだったんで。
でも今はコンプレックスの塊。
ここまできちゃうとAとかXとかも通用しないんじゃないかな?って感じです。
スーツ下取り
ただ、ラインを意識していなくても、ましてやラインについて詳しいことを知らなくても、何となく服を着て“細く見えるかも”とか“スタイルくびれて見えるかも”なんて思う服装に出会うことはあるわけで、結局そういうのを含めれば、みんなラインは気にしているのかも?

動きやすさ重視なジーンズっていうのは

ジーンズっていうのは元々労働者が履いていたものだっていう話を聞いたことがあります。
でも、実際今販売されているジーンズは完全にオシャレアイテムの1つになっているわけであって、どう考えても動きやすいものではないなって思ってしまう型のものもかなり多いんですよね。

 

私の中では、オシャレで履いて可愛ければそれでいいんじゃない?っていう気持ちがあることはあるんだけど、でもやっぱり動きやすいかどうかって考えると全然そんなことないよね。
スキニージーンズとか、全然動きやすくないじゃないですか?
HIP HOP系のジーンズとかであれば太いので動きやすいかもしれないですけどね。

 

元々働くために作られたものを、今は私生活で男女ともに着こなしているっていうのが何か不思議な感じがするなって思うんだけど・・・。
今の時代ここまで一般的なファッションアイテムとして定着するなんて当初は想定していなかったんだろうなって思います。
何が定着するかなんて分からないものですよね。

自分が好きだった店が系統変わってた・・・

ちょっと前まで仕事の休憩中に服を買ったりしていたお店があるんですが・・・当時は私が好きな系統の服をたくさん売っていたんです。

 

でも、久しぶりに見に行ったら、何かビックリするくらい系統が変わってしまっていて・・・。
私が最初好みが変わったのかな?って思ったんですが、実際にはそうではなかったみたい。
私自身、好きな服のデザインとか形なんてほとんど変わっていないことが分かったし、やっぱり店の系統が変わってしまってたんですね。

 

何かすごく寂しい気持ちになってしまいました。
どうしたらいいかな?って悩んでも仕方ないわけで、これまではそのお店で買い物をしていたんですが、もうできないなって割り切るしかないわけです。
そうなりますよね。自然に。

 

何か残念な気持ちは消えないけれど、反対に今まで系統が違った店が同じ系統になっているっていうことだってあるかもしれないので・・・。
そういう店を探せばいいかな?
もしくはまた系統が戻ってくれる日を待つか・・・かな?